• slider14
  • slider15
  • slider16
  • slider17

兵庫県尼崎市の中国鍼灸専門治療院


  
  何処に行っても取れない「痛み」や「凝り」・・・、治らないその症状・・。
    病気で悩まれている方にこそ来て頂きたい『針灸専門の治療院』です。
    自宅の一部を改装した昔ながらの古風な治療院が目印となります。


・本物の中国鍼灸治療をより多くの方に受けていただきたく ここ 尼崎 に開院いたしました。
現在、はりきゅう専門学校で教鞭をとる傍ら恩師より教授いただいた中国伝統医学の鍼灸技術をより安全に、より確かな技術をもって提供しております。

自宅を改装した狭い治療院ですが、その分、お一人おひとり丁寧な治療が可能となり、東洋医学本来のゆっくりと時間をかけた治療を行っています。



 鍼 灸 治 療 )
 鍼灸治療には
双方向性の調節機能を有しており、身体のバランスを整える作用は他の治療法を圧倒するほどの特異的作用です。その他、自然治癒力・免疫力の向上、筋緊張緩和、血行改善、鎮痛効果、抗炎症効果、自律神経調整なども認められており、鍼灸治療の治効理論を最大限に活用することで、治療的診断法としての効能も発揮してくれます。
 とくに鍼灸治療は、観血療法(手術)の最終可否の判断として治療的診断法(スクリーニング)として有用です。必要な手術は確かにありますが、手術後、症状を悪化させてしまう場合も少なからず存在します。
その証拠に、手術の長期調査で保存療法と変わらないまたはかえってQOL低下の結果を生じる研究データが発表されています。手術を否定するつもりはありませんが、必要のない手術はできるだけ避け、ICF理念同様、その他の機能を最大限に発揮し、機能回復を図っていくことが理想的です。

 本治療院の治療効果に自信があるから言えることですが、一人でも多くの方が
観血療法(手術)を決断する前に鍼灸治療を受けていただき、鍼灸治療の恩恵を受けていただきたいと思っています。

東洋医学とは

 東洋医学は、身体をひとつの小宇宙としてとらえ、そのバランスが崩れたときに「病」が発症すると考える医学です。鍼灸はその東洋医学の治療法の一つで、身体の変化を手で触れながら観察して状態を把握し、鍼や灸を施すことで身体のバランスを整えて機能回復をはかる治療法です。近年、高齢化、生活習慣病の増加などにより、「未病治(病気になる前の細やかな身体情報を基に病気の予防治療を行うこと)」の考え方が広まる中、世界各国の医療関係者やWHO(世界保健機関)などが鍼灸に注目し、メカニズムの研究も進められ、科学的根拠のある治療法として注目されています。
 “鍼灸療法”には、陰陽のバランスを整え、気血を調和させ、経脈を疏通させる作用があります。その治効理論の中でも双方向性の調節機能他の治療法にはない鍼灸独特の作用であり、「鍼灸の特異性」と言ってよいと思います。身体に熱があればそれを下げ、体が冷えていれば気を充足させ冷えを是正させます。
 自律神経は、交感神経と副交感神経が互いにシーソーの世ような関係で緊張と緩和を保っていますが、ストレスにさらされている時は、交感神経側に、リラックスして寝ているときは副交感神経側にそれぞれ傾き、バランスを取っています。しかし、このバランスが崩れてしまうと、緊張すべき仕事中に眠くなって集中力を欠いたり、布団に入って寝ようとしても緊張、興奮が続き寝れなくなったりしてしまいます。はりきゅう治療にはこのような乱れた自律神経のバランスを整えます。
 はりきゅう治療は、“寒(冷える)・熱(熱っぽい)”や“虚(不足)・実(過剰)”、“交感神経・副交感神経”など陰陽を同時に調整する特異的作用があり、身体にとってもっとも良い状態に調整してくれます。この作用は、湯液にもないたいへん優れた作用といえます。ここではその作用を一般治効理論としますが、その他、特別治効理論として以下のような効能・作用が鍼灸施術には存在します。
 
 “はり”“きゅう”施術は、皮下に存在する「筋肉」や「血管」、「神経」、「リンパ節」などを刺激します。その結果、
筋肉が緩み筋肉の柔軟性が回復される)、身体がリラックスすることで、血液循環(血管拡張)が良くなります。血液循環が良くなることで、自律神経のバランスが整い、内臓の働きを活性化し、様々な不定愁訴の改善につながります。血管の拡張は、酸などの疲労物質が運び出され、疲労回復につながるとともに、局所の充血や貧血を是正し、炎症を和らげる(消炎効果)効果があります。特に鍼治療における筋肉への作用では、表層筋よりも指で届かない深層筋への施術が可能であり、アプローチが難しく、凝り固まった筋肉を緩ませることができます。
 また、はりきゅうの侵害刺激がきっかけとなり、傷を修復させるよう生体の治癒システムが発動し、自然治癒力免疫力が向上し、細胞も活性化(若返り)します。そのため、体の抵抗力を高め、病気になりにくい体つくりや美容若さを保つのにも有効です。

 昔と異なり、西洋医学の発達した現代においては過信は禁物ですが、このように、鍼灸の特異性により未病治予防医学ならびに「検査正常症候群」などの不定愁訴に対して治効(治療医学を発揮してくれるものと考えます。


難病、膠原病に対する鍼灸治療


膠原病治療のコンセプト)
 
本治療院では、鍼灸治療のみで免疫の内乱を抑え込むことは難しいと考えています。そのため、膠原病の専門科を受診の上、血液検査の数値を確認しながら、薬物療法鍼灸治療の併用を基本方針として施術しております。ただ、患者様の中には、現代医学の治療を拒否し、漢方薬と鍼灸治療のみで治療を受けに来られている方もおります。そのような方につきましても、毎週のように血液検査は受けていただき、適宜、数値の確認をしながら最善の方法を患者様と話し合いながら治療を進めており、ほぼ完治まで至る方もいらっしゃいます。

  本治療院では、患者様の状態をしっかり評価した上で、最善の方法で施術を進めていますが、免疫の勢いは基本的に薬でしか抑えることはできないと考えており ます。西洋薬と鍼灸治療を併用することで、薬の効果を維持し、副作用を軽減することができ、膠原病に対する効果的な施術であると確信しております。(その他、運動や湯液なども併せて併用していくことはもちろん必要となります)


 詳しくは難病ページをご確認ください。
 ➡ 難 病


f3021baeadfa23328d91bf5163fd24d61

6e67a6cba8b1b9cea5d6c02859dc807f

87c8057a3f1d6af161245ce569edce94

c8f7947f4f98ef5b235757e7a28f790b

 竜崎鍼灸治療院は、恩師が発案された伝統中医学の治療システムを踏襲し、積極的な養生鍼(灸)治療を行っています。 恩師の治療システムは、「経験医学」と「現代治療」を併用した鍼灸治療であり、『霊枢』『素問』『難経』『鍼灸大成』『鍼灸甲乙経』『鍼灸聚英』『鍼灸逢 源』『鍼灸大全』『鍼灸集成』などの古典はもとより、木下晴都、朱漢章、高維濱、焦順発などの近代針灸の理論を総合した治療法です。 伝統中医学治療の特徴は“得気”を重視した鍼(灸)施術にあり、身体の深部まで響くその“得気”はかなり特異的です。この“得気”を重視した鍼灸施術は古典にも記載されており、鍼灸医学の真髄でもあります。
 
 本治療院は“治療”のみに留まらず“予防”としての鍼も併せた視点を持ったより レジリエントな身体へのサポートも心掛けています。人間は年齢を重ねるとともに身体は老朽化し、柔軟性も低下していきます。柔軟性が低下した身体は軽度の 外部衝撃に対しても身体の変調を伴いやすく、痛みや痺れなどの異常を生み出しやすくなります。表面的な柔軟性であればマッサージなどで緩めることは可能ですが、深部の筋肉などの軟部組織を緩めることは指による施術では時間、コスト、エネルギー的にパフォーマンスが悪くなります。鍼による施術では技術が必要ですが、すべての点でパフォーマンスを発揮してくれます。また、私が行っている治療は脊柱の柔軟性(レジリエンス)に重きを置き、養生としての鍼を行っていることもあり、本来あるべき“治療”と“養生”を兼ね備えた治療スタイルを可能にしています。
 詳しくは「治療方針」、「治療院案内」をご参照ください。

■レジリエンス(resilience、強靱さ)
 レジリエンスとは「一般的に“復元力、回復力、弾力”などと訳される言葉で、近年は特に「困難な状況にもかかわらず、しなやかに適応して生き延びる力」という心理学的な言葉で使われるケースが増えている。(人事労務用語事典の解説より)

安全性と効果

ryuzakisinkyu_jpg004
 鍼治療では、通常、直径0.12~0.18mm程度のきわめて細いステンレス製の鍼を用います。管鍼法といって円形の金属あるいは合成樹脂製の筒を用いる方法か、筒を使わない方法がありますが、どちらもほとんど痛みはありません。
 子ども向けの小児鍼は、鍼を皮膚に接触させたり押圧させたりして治療します。


694dc7f8a7d870a3e4d5054721f2d3f0

0b58aa19d98795c0de261feceac7a803

 1997年には、NIH(アメリカ国立衛生研究所)から、鍼灸療法の病気に対する効果とその科学的根拠を認める見解が発表され、WHO(世界保健機関)でも、様々な症状や疾患について、鍼灸療法の効果や有効性を認めています。
 隣国の中国、韓国では伝統医療を正統医療として位置づけ、医療機関内で通常業務として鍼灸療法が行われています。また、西欧諸国では補完医療として、あるいは統合医療として鍼灸療法を医療システムの中に組み込み、医療の質を向上させると共に医療経済学的効果を上げようとしています。
 自由診療部門の設置などを行いながら鍼灸療法を導入している機関(病院)も散見されます。

scroll-to-top