鍼灸適応疾患

施設写真  1997年には、NIH(アメリカ国立衛生研究所)から、鍼灸療法の病気に対する効果とその科学的根拠を認める見解が発表され、WHO(世界保健機関)でも、様々な症状や疾患について、鍼灸療法の効果や有効性を認めています。
 隣国の中国、韓国では伝統医療を正当医療として位置づけ、医療機関内で通常業務として鍼灸療法が行われています。また、西欧諸国では補完医療として、あるいは統合医療として鍼灸療法を医療システムの中に組み込み、医療の質を向上させると共に医療経済学的効果を上げようとしています。
 自由診療部門の設置などを行いながら鍼灸療法を導入している機関(病院)も散見されます。
【有効】歯科の術後痛、妊娠悪阻、成人の術後及び化学療法による嘔気・嘔吐
【補助療法として有用】頭痛、月経痛、テニス肘、腰痛、脳卒中後のリハビリテーション、繊維性筋痛症、筋筋膜痛、変形性関節症、手根管症候群、喘息

頭痛と伝統中医鍼灸

頭痛と鍼灸  頭痛は一般的に鍼灸適応疾患とされる「一次性頭痛」と脳梗塞くも膜下出血など危険性を伴う「二次性頭痛」に分けられますが、国際頭痛分類(ICHD)では研究の進歩やエビデンスの蓄積によりさらに細分化されています。ここでは本治療院で行っている鍼灸治療について紹介します。

頭痛対する伝統鍼灸治療  

側彎症と伝統中医鍼灸

側弯症

 鍼灸施術は、身体のバランスや固くなった背中の筋肉(脊柱起立筋など)の柔軟性を回復させ、内臓機能の改善を図ることができます。
 昭和54年4月、当時の文部省が学校保健法の一部を改正し、脊柱検診が始められてから約四半世紀が経過しましたが、この間に脊柱側彎症に関する医学的発展は続けられ、診断や治療においていくつかの新しい方法が開発されています。
 脊柱側弯症は主として成長期の子どもに起こりやすい姿勢異常の一つで、軽度の場合は自覚的な苦痛が少なく、変形も目立たない疾患でした。この弯曲がある程度以上に進むと、肉体的あるいは精神的な発育に影響するところが大きく、治療も容易でなくなっていきます。したがって姿勢の悪い子どもたちを少しでも早く見つけて、適当な指導、あるいは適切な治療を行うことの重要性が、昭和40年代の後半から次第に認識されるようになっています。

側彎症に対する伝統鍼灸治療

イボ、タコ、魚の目の伝統中医鍼灸

イボ

 お灸の効能として、大きく分けて温熱による効果蛋白変性による効果があります。蛋白変性は、皮膚を焼くことで皮膚が主体にとって異物になり、異物と認識した免疫系が活性化され、白血球の数が増えるため、結果的に免疫が上がります。よって、アレルギー疾患やそのほかの免疫疾患にも一定の効用が期待できます。
 お灸にも様々な種類の方法がありますが、イボ、タコ、魚の目に対しては、焦灼灸を使用します。焦灼灸の目的は、名前のごとく病的組織の焦灼破壊であり、対象はイボ(尋常性疣贅)、ウオノメ(鶏眼)などになります。この方法は、古くは毒虫、蛇、鼠などに噛まれた傷口の止血、消毒に用いられました。なお、尋常性疣贅などに対する施灸方法は、対象にに適した大きさのもぐさを固めて作成し、イボの上面に何壮も行います。大きいイボの場合は数日の間に反復して施灸を行います。

イボ・タコ・魚の目に対する伝統鍼灸治療

自律神経失調症と伝統中医鍼灸

自律神経の鍼

 自律神経は、交感神経と副交感神経が互いにシーソーのような関係で緊張と緩和を保っていますが、ストレスにさらされている時は、交感神経側に、リラックスして寝ているときは副交感神経側にそれぞれ傾き、バランスを取っています。しかし、このバランスが崩れてしまうと、緊張すべき仕事中に眠くなって集中力を欠いたり、布団に入って寝ようとしても緊張、興奮が続き寝れなくなったりしてしまいます。

 はりきゅう治療にはこのような乱れた自律神経のバランス(東洋医学でいう「陰陽のバランス」)を整え、気血を調和させ、経脈を疏通させる作用があります。

 鍼灸の治効理論の中でも双方向性の調節機能」は他の治療法にはない鍼灸独特の作用であり、「鍼灸の特異性」と言ってよいと思います。身体に熱があればそれを下げ、体が冷えていれば気を充足させ冷えを是正させます。

お問合せはこちら

営業日:隔週土曜日・日曜日
10:00~12:00/13:00~20:00
〒660-0064
兵庫県尼崎市稲葉荘2丁目1-23